ポップアップストア(ショップ)を出店したい場合は何から始めるべき?準備や場所選びについて解説

齊藤 一樹

著者:

マーケティング 見つけてもらう

準備や場所選びについて解説/ポップアップストアを 出店する場合何から始める?

ポップアップストアは、ブランド認知度を向上させる広告塔としての役割があります。

しかし、出店前の準備や注意点について理解しないと、せっかくポップアップストアを出店しても売上に繋がらなくなってしまう可能性があります。

本記事では、ポップアップストアを開催するにあたって必要な準備や注意点、リソースを確保する際にオンライン接客を活用すべき理由を紹介します。

ポップアップストアを出店したいと考えている方は参考にしてみてください。

ポップアップストアを出店する前に必要な準備

ポップアップショップの画像

ポップアップストアを出店する上で、以下のような準備が必要です。

  • 出店先の選定
  • 出店期間の設定
  • ポップアップストアに配置するスタッフ
  • 目標の設定
  • ポップアップストアに並べる商品の選定・用意

準備を細かく丁寧に行わないと、ポップアップストアの運営が上手くいかなくなる可能性があるため注意しましょう。

出店先の選定

ポップアップストアを出店する場合、出店先の選定は準備において非常に重要な要素です。

商業施設の一角やイベント会場など様々ですが、出店先の人通りや世代などをリサーチして場所取りをしなければいけません。

商品によって、競合店舗との距離などにも注意しましょう。

出店期間の設定

ポップアップストアを開催する際、どれくらいの人が来るのかに加え、各日の売上予測を立てて出店期間を設定します。

出店先によって、期間が決まっていることもあるため、出店先の規定なども含めて検討しましょう。

売上が良い場合、出店期間の延長ができれば延長を行います。延長については、売上と出店先と打ち合わせをして決定しましょう。

ポップアップストアに配置するスタッフ

ポップアップストアにどの店舗の誰を配置するのか、スタッフの選定は重要です。

ポップアップストアを皮切りに認知をしてもらい、売上が上がっていく可能性があるため、一定以上の接客レベルのスタッフを配置する必要があります。

ポップアップストアでの対応が良いと、近隣の店舗に足を運んでもらったりECサイトの売上に繋がったりするので人員配置は慎重に行いましょう。

目標の設定

ポップアップストアで、どれくらいの売上を目標として利益はどれくらい確保するのかの目標設定をしましょう。

目標設定については、現実的な数字を設定して実益を大きくずれないようにすることが必要です。

ポップアップストアについて、金額と同程度にどれだけの人が来店してくれるのかの目標も必要で、ブランド認知度の向上を数値化する上でも必要な準備になります。

ポップアップストアに並べる商品の選定・用意

ポップアップストアに並べる商品の選定は成功における重要な要素となります。

ポップアップストア限定商品や、ポップアップストア限定セールなどを行い、目を引く内容にしなければいけません。

「ここでしか買えない」や「こんな安いことない」など、お客様に対してインパクトを残せることが重要です。

ポップアップストアを出店する際の注意点

データ用紙の画像

ポップアップストアを出店するのは、ブランド認知度を向上し売上にも繋がりますが注意をしないと失敗に終わってしまう可能性があります。

以下の注意点を抑えて、ポップアップストアの出店を成功に繋げてください。

  • 採算がとれるかどうか
  • 出店することによって他店舗に損失が無いかどうか
  • ポップアップストア限定のキャンペーンが魅力的かどうか

採算がとれるかどうか

ポップアップストアは広告宣伝の要素が強いため、利益の重要性は一般店舗ほど高くはないと考える企業も多いかもしれません。

しかし、余りに利益が少なく赤字になってしまうのは避けるべきであるため、ポップアップストアの出店費用に対しどれくらいの利益が見込めるのかも想定して出店しましょう。

出店することによって他店舗に損失が無いかどうか

出店することにより優秀な人材が店舗から出てしまい、店舗運営に影響が出てしまうのは避けるべきです。

例えば、各店舗の店舗売上の30%をもっているスタッフが抜けてしまい、店舗売り上げが下がり結果的に損失の方が大きくなってしまうケースがあります。

また、想定を大きく下回る売上になり、早めの撤退を余儀なくされるなども挙げられます。

少々大げさな例えではありますが、予測を立てて損失がないように準備をしましょう。

ポップアップストア限定のキャンペーンが魅力的かどうか

ポップアップストアならではの魅力がないと、お客様は足を止めてくれないので魅力的なキャンペーンを打ち出す必要があります。

魅力的なキャンペーンを生み出す場合、運営チームだけで決めることは避けて、アンケートや聞き取り調査による市場調査からキャンペーン内容を決めたほうが成功に近づきます。

同ブランドに対してのイメージや求められていることは何かを理解し、キャンペーンを決めましょう。

ポップアップストアを出店する際にオンライン接客を利用すべき理由

オンラインで話している画像

ポップアップストアを出店する場合、オンライン接客を活用することで成功する可能性を上げられます。

オンライン接客を利用すべき理由を、以下の流れで紹介するので参考にしてみてください。

  • 全国のリソースを有効活用できる
  • 外部人材に頼ることも可能
  • スタッフ一人当たりの負担を減らせる

全国のリソースを有効活用できる

オンライン接客を活用し、店頭にタブレット端末を置きオンライン接客をすることで全国の店舗スタッフが接客対応に当たれます。

どれだけ優秀なスタッフが在籍していても、閑散期やオフピーク時に手が空く場合があります。

その際、オンライン接客担当として対応してもらえるため、リソースの有効活用ができます。

通常店舗で売上が発生しない時間帯でも、売上に繋げられる可能性が上がるので大きなメリットとなるでしょう。

外部人材に頼ることも可能

オンライン接客を活用することによって、外部人材を一時的に採用して接客に当たってもらうことができます。

ポップアップストアに、想定よりスタッフを配置できない場合、オンライン接客専門の外部人材に接客に当たってもらうことが可能です。

オンライン接客ツールによっては、専門の接客チームを保有している場合があるので相談してみましょう。

スタッフ一人当たりの負担を減らせる

オンライン接客ツールを活用することによって、ポップアップストアに配置する人数が減りリソースの負担を減らせます。

オンライン接客のタブレット端末を増やすことによって、常駐スタッフの負担を減らせるため有効です。

常駐スタッフについては、トラブル対応や「そこにいないとできないこと」に絞って営業をすることでリソースを有効活用できます。

ポップアップストアでの利用がおすすめのオンライン接客ツールの機能

ポップアップストアで活用すべき、オンライン接客ツールの機能を以下の流れで紹介します。

  • ビデオ通話
  • アバター接客

ビデオ通話

ポップアップストアにタブレット端末を置き、全国のスタッフがビデオ通話で接客に当たります。

ビデオ通話であれば、リアル店舗に近い説明やお客様が気になる商品の特徴を、お客様が商品を手に持った状態で説明できるので購買意欲を高められます。

ビデオ通話であれば、リソースが空いたスタッフがランダムで対応できるため、先述の通りリソースの有効活用にもつながるでしょう。

アバター接客

店舗の制服やブランドの服を着た、3Dのキャラクターに声を当てるアバター接客も有効です。

アバター接客は、活用している会社が増えているものの、まだ全国で「当たり前」にはなっていません。

そのため、目新しさからポップアップストアに訪れてくれるお客様も増える可能性があります。

ポップアップストアはオンライン接客を活用して効率よく運営しよう

ポップアップストアは、期間限定であるため特別感があり、オープン当初は多くの来客を望めます。

しかし、目新しさが薄れる開催期間の中ごろは売上が落ちやすいため工夫が必要です。

人材リソースを担保することも重要であるため、オンライン接客を活用して効率的な運営を目指しましょう。

Hana-Sellご紹介

ハナセルの画像

Hana-Sellはポストメディアが開発するオンライン接客ツールです。

リアルに限りなく近い接客を可能とし、AIチャットボットにより成約の可能性が高いお客様に絞ってオペレーターにお繋ぎするので効率化にもつながります。

また、オペレーターについては貴社のスタッフが対応いただくほか、Hana-Sellの専属オペレーターが対応に当たることも可能です。

Hana-Sellのオペレーターは、接客レベルが高い選りすぐりの人材を集めているため、問い合わせ対応のリソース不足にも活用いただけます。

商流をオフラインからオンラインに徐々に移していきたいという企業様におすすめのツールであるため、ぜひお問い合わせください。

  • この記事が気に入ったらいいね!しよう
    ライン

広告・PRなどに関するご相談はこちら!

弊社では「広告活動を通じて、生活者の人生と社会における​幸せの総量を最大化する」 というビジョンをもとに、広告・PRに関する様々なご相談を承っております。 お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

齊藤 一樹

著者:齊藤 一樹 著者の記事を読む

マーケティングプロデューサー/ SEO対策や広告支援、サイト改善施策サービスを提供。 コンテンツマーケティングに強みを持ち、累計8,000記事の作成実績あり。 企業のWebマーケティングの内製化支援も行っている。

関連記事